神戸市で子犬のしつけを
KDSメソッドで成功へ導きます

自分の使命に気づいた時

おすすめ記事


「かわいそうな子がおるから

 その子たちのために

    頑張ってあげて」

 

犬が大好きな母親

犬が嫌いな父親の元で育ち

小さい頃から何度も何度も

聞いていた言葉ですぴかぴか (新しい)

 

それが今の自分をつくっている

といっても過言ではない晴れ

 

 

こんにちはわーい (嬉しい顔)

 

あらためまして

藤本 仁(ふじもと ひとし)と言います手 (チョキ)

 

 

今回は、このブログでは

初めてということで

自己紹介がてら自分の使命について

話してみたいと思いますウッシッシ (顔)

(ちなみに、こういうのあと2つ

  続くんでお付き合いを笑)

 

 

 

使命って

「命」「使」い方って

書いて使命

 

 

使命ってなんか

響きがカッコいいですよね(笑)

 

 

けど

僕の使命にはカッコいい話は

残念ながら何一つない

 

 

それは

ある家族と一匹のわんちゃんと出会い

そこから逃げてしまったからです

 

 

 

そのわんちゃんは

柴犬という日本犬でした犬

 

 

 

最初、その子は

先輩がトリミングを担当していて

僕は横で見ているだけでした

 

 

ただ、トリミングの方法が

普通ではなかったんです

 

それは「鎮静剤」という薬を使って

シャンプーをする方法でしたいい気分 (温泉)

 

 

「鎮静剤」とは

簡単にいうと麻酔のような

イメージをしてもらえると大丈夫です

 

 

 

麻酔をかけたように

体を動かなくしてシャンプーをしている

そんな状態ですたらーっ (汗)

 

 

学生の頃、習ってきたトリミングの中に

そんな方法はなく

ただただビックリしたのを

今でも覚えていますふらふら

 

 

そして、少し日が流れると

担当していた先輩が退職し

僕が、後を引き継ぐことになりました

 

 

先輩がやってるようにやってみる・・・

 

 

数か月に一度でしたが

なんとかやっていくものの

ある時、壁にぶつかりますダッシュ (走り出すさま)

 

 

 

 

それが「年齢」です

 

 

鎮静剤は

体の機能を全体的に低下させます

 

なので高齢になればなるほど

この鎮静剤は命のリスクが高まります

 

 

その事を伝え飼い主様に話すと

「それでも良い!

    やってほしい」とのこと

 

 

 

当時の僕には

飼い主様の気持ちが

全く理解ができませんでしたたらーっ (汗)

 

「いや、命以上に

    大事なものはないやろ!?」

 

「もう、この子は

    どうなってもいんか??」

 

と、飼い主様に対して

嫌悪感をいだいていましたむかっ (怒り)

 

 

 

何回話しても聞いてくれない様子に

 

「もう、無理だから

    やめましょう」

 

そうハッキリ伝えました雷

 

 

 

その話を最後に診察室で話した時

そこで初めて飼い主様がトリミングに

こだわる想いを知ったんです

 

 

 

「この子は殺処分も

    考えた事がある」

 

「一つの部屋で

   隔離して飼っている」

 

「私が死んだら、この子も死ぬ」

 

そう涙を流しながら

話してくれる飼い主様

 

 

 

そうだったんです

 

 

 

命の危険をおかしてまで

シャンプーする理由

 

 

それは

この子の事を嫌いに

なったわけではなかった

 

むしろ

心から愛していた

 

 

噛んでくる愛犬に飼い主さんが

唯一やってあげれること

 

それが

【トリミング】

だったんですほっとした顔

 

 

体を触ることができんから

トリミングの時¨だけ¨でも

きれいなリードやハーネスに

付け替えれるぴかぴか (新しい)

 

 

それと体の汚れを

落としてあげることいい気分 (温泉)

 

これを飼い主さんは

愛犬にしてあげたかったんですね

 

大好きだからハートたち (複数ハート)

 

 

可愛い我が子なら

そう思って当然

 

 

 

なのに

その涙を見るまで全く気づかないで

さっさと逃げるように断った自分

 

 

 

本当に

悔しくて情けなくて

 

 

なんでもっと話聞かんかった

なんでもっと本気で

ぶつからなかった

 

後悔ばかり残っています

 

 

 

その時

初めて気づくんです

 

 

「全然、みんなの事を

    助けれてないやん」って

 

 

小さい頃から言われてた

「かわいそうな子がおるから

 その子たちのために頑張ってあげて」

 

 

当時の母親は

道に歩いていた野犬と

呼ばれる子たちの事を言っていました

 

 

今は

ほとんど見なくなりましたよね

 

 

やから

今は「かわいそう」ではなく

「困っている」子がいるんです考えてる顔

 

 

この飼い主様のように

触ることも困難になる

 

 

 

けど

その当時の自分では何もできなかった

 

 

「いったい自分は何をやっとんや」どんっ (衝撃)

 

 

こういう子たちの為に

やり始めたのに逃げてどうするパンチ

 

 

けど、偶然にも

その頃ちょうど勉強していたのが

「子犬」についてだったんです犬

 

 

勉強すればするほど

「あーこの子と子犬の時から会ってたら」

ってめっちゃ思いました

 

 

やから、もう目の前に触ることすらも

困難にならない子を育てることに

奔走しだしますダッシュ (走り出すさま)

 

 

 

けど、子犬の時点ですでに

心が折れかかっている飼い主様が

たくさんいることにも気づいたんですふらふら

 

 

 

その方に共通してるのが

「飼うんじゃなかった」

っていう後悔

 

 

それが伝わったり聞いたりする

 

その時の表情といったら・・・

なんとも言えません

 

 

感じたんは

 

「なんで幸せになるために

 子犬との生活を選んだのに苦しむ?」

 

 

「このままやったら

 また大変なわんちゃんと家族が

    うまれてしまう」

 

 

ここで自分の使命に

気づいたんですdouble exclamation

 

「飼うんじゃなかった」

後悔する飼い主様を

この世からなくす!

 

 

「飼うんじゃなかった」って

崖っぷちのイメージですが

そんなことはないと考えてます指でOK

 

 

裏には

深い深い愛情につつまれている

 

そう僕は思ってますぴかぴか (新しい)

 

 

 

鎮静剤を投与して

命の危険を背負いながらトリミングしてた飼い主さんが

僕に教えてくれたことですexclamation

 

 

 

本当にダメなら

僕のところには来てないはず

 

 

「助けてー」って

叫どんじゃないかexclamation and question

 

 

やから、もう逃げずに

とことん飼い主様と向き合い

後悔する飼い主様が

この世からなくすことを

自分の使命と決めましたぴかぴか (新しい)

 

 

 

これが自分の使命

【命】【使】い方ですほっとした顔

 

 

目の前の家族を

絶対に幸せにして

 

「飼うんじゃなかった」と

後悔する飼い主様を

必ずこの世からなくす!

 

 

そんなことを考えてるのが

藤本仁という人間です

 

お見知りおきを(笑)

 

 

 

使命に気づいて

どこを目指していくのか?

 

 

それは

また次のブログへと続きます・・・


お問い合わせ

子犬のほめる暮らしコンサルタント
藤本 仁 (ふじもと ひとし)
店名 家族と子犬の学校 cocoico
住所 〒658-0027
兵庫県神戸市東灘区青木5丁目2−13
ハイツフェニックス1階 マップを見る
定休日 毎週火曜日・日曜日
営業時間 【平日】8:00〜18:00
【土曜日】9:00〜18:00
メニュー表を見る 【子犬限定】しつけ方教室 【Youtube】こいぬの教科書

【訓練業】

  • ・第一種動物取扱業者の氏名: 藤本 仁
  • ・事業所の名称: 家族と子犬の学校 cocoico
  • ・事業所の所在地: 東灘区青木5丁目2‐13 ハイツフェニックス1階
  • ・第一種動物取扱業者の種別: 訓練
  • ・登録番号: 神健保第0120012号
  • ・登録年月日: 令和3年1月15日
  • ・有効期間の末日: 令和8年1月14日
  • ・動物取扱責任者: 藤本 仁

【保管業】

  • ・第一種動物取扱業者の氏名: 藤本 仁
  • ・事業所の名称: 家族と子犬の学校 cocoico
  • ・事業所の所在地: 東灘区青木5丁目2‐13 ハイツフェニックス1階
  • ・第一種動物取扱業者の種別: 保管
  • ・登録番号: 神健保第0120013号
  • ・登録年月日: 令和3年1月15日
  • ・有効期間の末日: 令和8年1月14日
  • ・動物取扱責任者: 藤本 仁

コメントを残す

           

子犬のほめる暮らし
コンサルタント

                               
名前藤本 仁
住まい兵庫県

Profile

物心ついた時からそばには犬がいて そのすべてが「迷い犬」だった。

一番多い時には 家族4人犬8頭で生活していた。

その後 トリマーとして約10,254頭の犬を担当。

しかし ある家族との出会いから 子犬の時期の大切さを痛感。 公益社団法人 日本動物協会が主催する こいぬこねこの教育アドバイザー養成講座で学び パピークラス(子犬のしつけ教室)を開催。

現在、個別のカウンセリングを含めて 361時間を飼い主様が抱える問題に向き合ってきた。

受講者からは 「飼い主も成長させてもらえる」 「目からウロコ」 「気持ちが軽くなります」 などといった評価。

「ほめて育てる」を座右の銘に オリジナルメソッド【KDS法】を考案。

"愛犬"ど飼い主様゙の素晴らしい部分を発見し伝え 飼い主様と愛犬との関係をさらに深めている。

人気記事(月間)

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss